カテゴリー別アーカイブ: 公開講座

1月のハーブクッキング&オープンセミナー

2019年1月の
調理法別ハーブクッキング<巻く>

巻く調理法は、巻き方に熟練を要すると言われます。最上級のもてなし料理や、家庭での手料理でも、巻く調理は若い人の挑戦ではなく、おばあちゃんの熟練の腕の見せ場です。

今回は私たちの出来る範囲で、この調理への挑戦をしながら、ハーブを使った健康的な手料理に仕上げてみましょう。

1月の<巻く>ハーブクッキングメニュー

1.花巻き寿司
2.カリフォルニアロール
3.野菜スティックの生ハム巻き
4.卵巻き
5.肉巻きのワイン煮
6.チーズとバナナの蕎麦クレープ巻き

IMG_2403 IMG_2410
IMG_2418 IMG_2423
IMG_2420 IMG_2427
IMG_2419 IMG_2429

オープンセミナー
メイクアップ講座

2019年からの新講座は、メイクアップ講座の1回目。メイクアップ印象論から入ります。
新しく4名が加わり賑やかに幕開けしました。

鏡を見ながら、顔のプロポーション、標準の眉、フェイスタイプによる印象の違い、ディテール別の印象の違いなど、美しければ良いのではなく、一つ一つの印象や特徴を個性として認めることが大切だという考えかたの確認。

自分の目鼻などの特徴を絵に書き込み、取り敢えず今の顔の印象をまとめてみました。

自分の気になるマイナスは実習を通して様々な自分の顔を経験して見る事で、楽しみを増すことができます。

次回は様々な眉を自分の顔に描きながら、その変化を楽しみ、眉を描く技術をマスターしましょう。

IMG_2431

12月ハーブクッキング&スピリチュアル講座2018

調理法別ハーブクッキング<焼く>

簡単調理の筆頭である<焼く>調理法。
レシピの数も多く、代表は肉を焼く、パンを焼く、卵を焼くなど、沢山の家庭料理も浮かんできます。

さて、その中でハーブを使った美味しい料理。クリスマスを前にして、食べやすい料理を考えてみました。
<焼く>料理は焼き過ぎないこと、まさかの時のためにラベンダーを用意してスタートしましょう。

12月の<焼く>クッキングメニュー
1.クリスマスサラダ、クリスマスドリンク2種
2.ハーブ焼き鳥
3.大豆ミートとキノコのパイ焼き
4.牡蠣とほうれん草のグラタン
5.サラミとポテトのチーズ焼き
6.焼き立てフォカッチャ
7.野菜サラダ
8.ブラウニー&チャイ

image3 image2 左、クリスマスドリンクと、大豆ミートとキノコのパイ焼き
右、ハーブ焼き鳥
image1 image7 左、里芋とごぼうのクリスマスサラダ
右、 牡蠣とほうれん草のグラタン
image6 image5 左、サラミとポテトのチーズ焼き
右、全粒粉のフォカッチャ(火曜日)
image9 image4 左、強力粉のフォカッチャ(土曜日)
右、ブラウニー、ゆずチーズ、青桃のデザート

スピリチュアル講座2018

第一部スピリチュアル講座の最後は「言霊、数霊、水霊」。日本神道の啓蒙書から大切な言霊の数々を伝授して頂き、気づかずに過ごしている日々を振り返りながら、もっと感謝の心を強めて、護られ、導かれていることを自覚しようと感じました。

数霊はカバラの数秘学から、数字の持つ意味を少し掘り下げて確認しました。
自分の個性、特徴を自分で掴むには、数秘学の持つ知恵を使うとラクにできます。個々の生年月日と照らし合せながら、自分の持ち味、人生の目標、思いグセになっている過去生などを確認。指針になったようです。

水霊は水の性質や特長を復習したあと、「水からの伝言」の結晶写真をながめ、その美しさと意味深さに感嘆し、不思議世界の入口に立ちました。

スピリチュアル講座の第2部は「スピリチュアル講座2019」として、2019年4月からスタートします。その節は今回の概論の上に立ち、個人論としての展開になります。
一人一人の成長にみんなが関わる講座、と言う感じでしょうか。詳細はまたご案内致します。

2019年1月から3月はメイクアッブ講座です。ひょんな事からメイクやコスチュームでの自己表現に話の矛先が集まり、20代に私が企業のインストラクターとして講座担当をしていた頃の内容がお役に立つ事になりました。45年振りにお話する内容。意外にスラスラと覚えている事がテキスト化でき、後はその時を待つばかりです。
懐かしい内容にシフト出来、感謝のうちに2019年のスタートを楽しみにしています。
ご興味がありましたら、初めての方も是非お出かけ下さい。
今年もありがとうございました。
2019年は1月6日スタートです。

11月ハーブクッキング&スピリチュアル講座2018

調理法別ハーブクッキング<煮込む>

冬の食卓の代表が<煮込む>調理法です。
時間をかけて、美味しくなるように、身体に負担なく栄養になるように、心を込めて作るのが煮込む料理。いつもの五種ハーブはお出汁として使うと美味しさが引き立ちます。

家庭の温かさ、団欒の幸せを象徴する調理法ですが、気をつけたいことは、煮詰まって味が濃くならない事、素材がクタクタにならない事。そんな事に気をつけながら、美味しい彩りに仕上げて行きましょう。

11月の<煮込む>クッキングメニュー
1.海老とパプリカのスープ
2.にものサラダ
3.ビーフストロガノフ
4.トマトパスタ
5.リンゴの蜂蜜煮
6.マルベリーとローズヒップのハーブティ

1 2  海老とパプリカのスープ。パプリカの皮を取るのに苦労しましたが美しい色と美味しさが勝ち。煮込みサラダを食べながら、ハーブティを飲みながらのオードブルタイム。
11 3 ストロガノフの中央に15穀米。今日のメイン料理です。右は鍋の中身。ライムも一緒に煮込みます。
5 6 鍋の〆のトマトパスタ。少量ずつ色々食べたいのが女心。食べても太らない赤と黒の料理です。
7 8  煮込みサラダはハーブ出汁と薄い調味料で煮込み、仕上げに酢とオリーブオイルをドレッシング風にかけて仕上げたさっぱり味。
デザートはヨーグルトにリンゴ煮とナッツ。

スピリチュアル講座2018

11月  近未来の五次元入門
「金星人・クリスティーナ」
1950年代に金星から地球にやってきた女性の、手記の様な形で著された物語を読み合わせながら、私たちとのあまりに異なる世界の違いに興味を持ち、不思議を感じ、ワクワクドキドキの一時間。でも少し理解でき、変わらない部分も分かった今、ひょっとしたら出会っているかもしれない宇宙人に、恐怖より興味を感じるようになったかもしれません。

様々な劇的変化が繰り返される今の地球。
世界はどうなってしまうのかと一抹の不安を感じるのは誰しもですが、宇宙が、地球の行く末を見守ってくれて居るという安心感、又
宇宙の一員としての私たち、と言う広い視野を持つことができました。

次回12月のスピリチュアル講座は、言霊、数霊、水霊。私たちひとりひとりに、すでに与えられているサポートエネルギーの具体的な形を学びます。

10月ハーブクッキング&スピリチュアル講座 2018

調理法別ハーブクッキング<蒸す>

10月は<蒸す>クッキングです。この調理法は温かな料理の代表であり、油分を使わないことから、ダイエット向きの調理法でもあります。おまけに簡単で手軽。急ぎの食卓にも間に合います。

蒸し料理は味が淡白なので、ドレッシングに工夫すること。彩りを大切にして美しい盛り付けにする事。すぐに冷めるので調理の手順をスムーズにする事。などに注意して始めましょう。

10月の<蒸す>クッキングメニュー
1.カモミールの茶碗蒸し
2.魚介と野菜のブイヤベース
3.牛肉のワイン蒸し
4.きのことサーモンのホイル蒸し
5.蒸しケーキ
6.チャイ

レシピは「ハーブクッキング」で確認できます。

image1 image2 左は具材を入れた所。右仕上がりにチャービルを置いて。
3 4 左は簡単リゾット、右、魚介と野菜の蒸し物
5 6  左、火曜日の牛肉ワイン蒸し。右は土曜日
7 8  左、きのことサーモンのホイル蒸し
右、野菜のローズマリー蒸し
9 10  デザートの蒸しケーキ、チャイと共に

スピリチュアル講座2018

10月    霊界の実相を伝える最良の書物
「日月神示」
9月の江原裕之さんのスピリチュアルバイブルに引き続き、10月は日本のスピリチュアルバイブル「日月神示」を紹介しました。

資料を読み進んでいくうちに、だんだん真剣な顔になる参加者の皆さん。
1,800年代から次第に高まりを見せるスピリチュアルの世界に、半ば信じられない気持ちながらも、新たな時代を見据えて、妙に納得の行く事柄もあったようです!

地球の現状、度重なる自然災害、天候不順、
などに不安を感じながら、大きな世界を知ることで得られる充足感が重なって、いつの間にか 日々の過ごし方が変わってくるかもしれません。

一人一人感じ方の違いがあり、目標とする世界は異なりますが、自分の意志想念に磨きをかけ、物質界の価値観だけではなく、こころの在り方を見つめ直す、そのためのスビリチユアル講座です。単に不思議世界の探求や奇妙な世界は皆無。清らかな空気が流れる中で自分磨きのスビリチユアル講座です。

11月は、近未来の五次元入門
「金星人・クリステーナ」

11

9月ハーブクッキング&スピリチュアル講座2018

調理法別ハーブクッキング<包む>

<包む>お料理は、素材をまとめ、乾燥を防ぎ、形を美しく整えます。手間暇はかかりますが、調理台を一つ一つ片付けながらの作業は、かえって後片付けが簡単でした。
いつものように、ハーブをふんだんに加えたハーブ料理と、スバイスを効かせた料理で深まりゆく秋を楽しみました。

9月の<包む>クッキングメニュー
1.じゃがいもとベーコンのパイ包み
2.鯛の塩釜焼
3.焼売
4.生春巻き
5.いなり寿司
6ハーブティー

1 2  じゃがいもとベーコンを炒め、粗熱をとる。
パイ生地に乗せ、形成して卵を塗って焼く。
仕上げにパセリとシナモンをふる。
3 4  塩釜を割り、塩っぱい皮もとると、ワイルドなお料理がシティフーズになりました。ルッコラを添えて食卓に。
5 6 左は火曜日、右は土曜日の焼売。
枝豆を乗せたスパイス焼売は、コリアンダー、ターメリック、シナモン入り。
ハーブ焼売は五種ハーブ。どちらも酢醤油で頂きます。
7 8 生春巻きの材料は、豚肉、レタス、胡瓜、人参、シソ、チーズ、海老。キュッと巻くのがなかなか出来なくて、ゆる巻き気味!
手作りのスイートチリソースで美味しく頂きました。
9 10  チャービルで巻いた稲荷寿司。
せりの様なほろ苦さが、甘めの寿司のアクセントになりました。
11  全てのお料理の出来上がり。
グラスに冷たいルイボスティーを注いで頂きました。

スピリチュアル講座2018

久々のスビリチユアル講座。9月は江原さんのDVD3本をまとめた2時間の講座です。
1、スピリットの法則
2、階級の法則
3、波長の法則
4、カルマの法則
順を追って学びながら、涙目でものを見てはいけないこと、現世は霊の筋力を強める場所であることなど、心を打つ言葉と共に、幽界や霊界を学びました。

10月は江原さんが学ばれたイギリスのスピリチユアルに対して、日本のスピリチュアル
を学びます。

spi