ハーブクッキング&スピリチュアル講座2018

調理法別ハーブクッキング<包む>

<包む>お料理は、素材をまとめ、乾燥を防ぎ、形を美しく整えます。手間暇はかかりますが、調理台を一つ一つ片付けながらの作業は、かえって後片付けが簡単でした。
いつものように、ハーブをふんだんに加えたハーブ料理と、スバイスを効かせた料理で深まりゆく秋を楽しみました。

9月の<包む>クッキングメニュー
1.じゃがいもとベーコンのパイ包み
2.鯛の塩釜焼
3.焼売
4.生春巻き
5.いなり寿司
6ハーブティー

1 2  じゃがいもとベーコンを炒め、粗熱をとる。
パイ生地に乗せ、形成して卵を塗って焼く。
仕上げにパセリとシナモンをふる。
3 4  塩釜を割り、塩っぱい皮もとると、ワイルドなお料理がシティフーズになりました。ルッコラを添えて食卓に。
5 6 左は火曜日、右は土曜日の焼売。
枝豆を乗せたスパイス焼売は、コリアンダー、ターメリック、シナモン入り。
ハーブ焼売は五種ハーブ。どちらも酢醤油で頂きます。
7 8 生春巻きの材料は、豚肉、レタス、胡瓜、人参、シソ、チーズ、海老。キュッと巻くのがなかなか出来なくて、ゆる巻き気味!
手作りのスイートチリソースで美味しく頂きました。
9 10  チャービルで巻いた稲荷寿司。
せりの様なほろ苦さが、甘めの寿司のアクセントになりました。
11  全てのお料理の出来上がり。
グラスに冷たいルイボスティーを注いで頂きました。

スピリチュアル講座2018

久々のスビリチユアル講座。9月は江原さんのDVD3本をまとめた2時間の講座です。
1、スピリットの法則
2、階級の法則
3、波長の法則
4、カルマの法則
順を追って学びながら、涙目でものを見てはいけないこと、現世は霊の筋力を強める場所であることなど、心を打つ言葉と共に、幽界や霊界を学びました。

10月は江原さんが学ばれたイギリスのスピリチユアルに対して、日本のスピリチュアル
を学びます。

spi